西村の春


いつのまにか西村は慌ただしくなりました。

通勤する人たちも
犬と一緒に散歩する人も
今の春の姿と
少しずつ似てきています。





韓屋エッセイ 西村の春



庭には冬を勝ち抜いた緑の葉でいっぱいです。

いつの間にかすっと伸びたサルスベリやニシキギも
すでに花を咲かせ始めたクチナシも
魔裟斗の上にさらに力強く首を出すヤブランと石紅葉も

去年の夏
期待して造ったこじんまりとした庭園を
いっぱいに満たしています。



春の光


春が見せてくれる韓屋エッセイ西村は
澄んだ色に満ちています。

冬とは異なる深さと余韻で
もう起きて春を楽しもうと
澄んだ光で私たちを引き起こします。






再見


この春は
特に短く感じられると思います。

澄みきった日差しほど
その間会えなかった
会いたい人も
今まで話せなかった
恋しい人たちも

今は一つ二つ
会える時間になったらと思います.






12, Pirundae-ro 3-gil, Jongno-gu, Seoul, Republic of Korea

ⓒ Hanokessay